> 結婚式費用はカードローンで作ることが出来ます

結婚式費用はカードローンで作ることが出来ます

長く付き合っている相手のことを考えると、
早く籍を入れて一緒になりたいと思っている方もあるでしょうが、
いざ好きな相手と結婚しようと思うと、相当な結婚式費用がかかってしまいます。

婚約・結婚指輪に始まり、式場への予約金、新婚旅行代、
新居への引越し代や新しい家具・家電のためのお金が必要になりますから、
かなりの貯金がなければ対処することが出来ません。

しかしまだ20代前半といった、若い年齢の方の場合は給料やボーナスが
少ないはずなので、そこまでの蓄えがないと悩んでいる方もあるのではないでしょうか?
両親に必要なお金を出してもらうという方法もありますが、
社会人になのにそんな甘えるような真似はしたくないという方があれば、
カードローンを利用するようにしましょう。

足りないお金をカードローンで用意

カードローンの借入限度額はローン会社やその人の属性によっても違いますが、
300万円や500万円だったりするので、それだけあれば結婚式費用も
何とかすることが出来るでしょう。

ただし、おそらくですが、カードローンで300万円借りる事は難しいでしょう。
どうしてかと言うと、社会人になってそんなに時間がたっていない場合、
給料がそれほど多くないと考えれるからです。

今後の事も考えてまずは、貯金で出来る限り貯めて、足りない分を
カードローンなどを利用すると良いです。
結婚式は贅沢をそんなにしなければ100万円くらいあればできます。

安くない?友達は300万円くらいかかったみたいなのに。

と言った声が聞こえてきますが、確かに300万円くらいかかるのですが、
結婚式に70人くらいを招待したとすると、御祝儀で3万円×70人=210万円
入ります。なので残りのお金を自分達で用意できれば結婚式は可能なのです。
すべて3万円で計算しましたが、親戚などは少し多めにもらえたりするので、
人によっては必要な額は減る可能性もあります。

なので、二人合わせて100万円くらいなので、貯蓄しようと思えば、1年で貯められます。
カードローンは即日融資も可能なので、ギリギリまでお金を貯めて
借入期間を短縮する事ができます。御祝儀で返済はすぐに可能なので、
借入期間が短く、利息を最小限に抑えることができるので便利です。